健康食品には花粉症におすすめな物もある

不動産売却のお手伝い その4

叔母が不動産売却をすることになり、そこから発生してくる税金についてアドバイスを求められました。主に発生してくるのは所得税です。叔母の場合、所得税の課税対象となるのは、不動産売却から発生してくる譲渡所得と、年金の受取から発生してくる雑所得です。ただ、同じ所得ではあるのですが、不動産売却から発生してくる所得税の計算の際、雑所得について何か考慮しなければならないことはありません。その理由は所得税の特性にあります。おすすめのサイト⇒マンション売却査定相場救助隊ここが良いと聞きました。

 

既に気付いている方もいるかと思いますが、同じ所得でも、『譲渡所得』と『雑所得』のように呼び名が違っています。これは、所得税が所得に応じて税金の計算方法を変えているためです。不動産売却から発生してくる譲渡所得の場合、雑所得を含む他の所得とは分けて計算することになります。そのため、計算が特別ややこしくなったりはしません。叔母としては分かりやすくなり、私としては所得税を一から説明する必要が無くなるのでとてもありがたいことです。